初の強風テント泊:日本のエーゲ海(白崎海洋公園オートキャンプ場)

和歌山県にある絶景キャンプ場の一つ、白崎海洋公園オートキャンプ場に行ってきました。
いつもよくみる日本の風景を走り、白崎海洋公園に近づくと急に白い岩肌を出した岸壁になってくる。

あの写真で見た景色はいつ見えるのか?ワクワクしながら車を進め、トンネルを抜けたらその景色は現れた。

わーー。すげー。

12月なので芝は枯れ砂地が見えている状態だったけど写真で見た景色が目の前にあった。
普段ならこの景色を見て写真を撮って帰るだけ、もちろん見れる景色は昼間の景色。
だけど、今日はここでキャンプをする。
もうワクワクが止まらない。

キャンプ場の紹介

*なっぷより拝借

このキャンプ場は大きく分けて3つのエリアに分かれています。
西エリアと東エリアそしてそれを挟むようにキャビンがあります。
人気なのは西エリアでフリーサイトは石灰岩の山に覆われるスポットで、東エリアは概ねオートサイトで一番端の5番と9番がデイキャンプ専用のエリアになっています。
このキャンプ場は海に面していることとその地形から西風の影響をもろに受けます。なので西エリアでは西風が吹く冬場はかなりの確率でテントの設営が難しい状態になるそうです。
山が若干風を遮る東エリアの方が比較的設営しやすいとの事でした。
ただ、東エリアのすぐ横は道の駅になっていて訪れる人たちの視線を浴びることになります。

絶景CAMP GUIDEに載っていたこの景色は東エリアの道の駅から撮影した写真になります。

サイトの大きさ広め
騒音静か
風の影響山間から抜ける西風は強烈
地面の状態砂で平坦、若干固め
景色(眺め)最高
チェックイン融通が効く
トイレきれいな
炊事場2箇所
焚き火可(強風でも自己責任)

テントの設営

予約時に西エリアは埋まっていたので、東エリアを予約しました。
予約時に区画は指定できず、到着順で区画を選べるシステムです。
ぼくらがついた頃にはすでに3組ほどがチェックインしていて風の影響を受けにくい1-4は埋まっていたので絶景キャンプガイドと同じ構図で撮影できテントが一番前に来る8番を選びました。

今回は、地面も砂地で風も強かったのでサンドカラーのtomountのワンポールTCにしました。
風がビュービュー吹いていましたが、さすがワンポールテントすんなり建ててすぐにペグダウンできたので設営自体は無事終了。

おい、なんかみんな帰って行くぞ。やっぱ厳しいのかな??

僕たちよりも早く来ていた人たちは、あまりの風の強さに次々と撤収して帰って行きました。
テントの中に入ると結構バタバタ・ビュービュー、テント自体もぐらぐら揺れていました。
「夜もっと風が強くなったらここで寝れるかな?」という不安もあったけど最悪ハイエースの中で寝ることができるのでそのまま宿泊することに。

ちょっとでも西風をかわすために陣幕を設置(あまり意味はなかったけど)
そして倒壊を防ぐために傘をつけて固定しました。(これは効いた。これがなかったらやばかった)

やはり絶景

テントから見える景色。夕暮れ時の空、夜の火星感なんとも言えない景色を見ることができた。

けど、夜はほとんど眠れなかった。笑

今回の教訓

  • 強風時はワンポールテント
  • 傘の装着も必須
  • がっちりテントを設営して耳栓すればぐっすり寝れるはず

今度は緑豊かな季節に訪れたい。そして西エリアも征服してみたい。
何度も訪れたくなるキャンプ場です。

Leave a Replay