紅葉x撮影の仕事xキャンプ(宇治ともしびキャンプ場)

某ビールメーカー様のサステナブルプロジェクトの商品撮影のためにキャンプに行くことになりました。
今回は、落ち葉とビールとタンブラーと食べれるカップの商品撮影ということで京都の宇治にあるともしびキャンプ場に行きました。

キャンプ場の紹介

*公式HPより引用

ともしびキャンプ場は宇治の街中から数分の運動公園内にあるキャンプ場です。
オートキャンプ場ではなく、車の乗り入れは不可で荷物をサイトまで運ばなくてはいけませんが、スタッフのお兄さんが軽トラで地図にある青色の荷下ろし場まで運んでくれます。

サイトは大きく分けて2種類あり、Aエリアはフラットな芝生サイトでBエリアが所々木が生える木漏れ日エリアになっています。

今回は、B9というエリアにしました。基本的に予約申し込み時に区画の指定はできず着いたらどこの区画にするのか選ぶシステムになっていますのでいい区画を取りたいときは早いもの勝ちになります。

ちなみにチェックイン時間よりも早く到着しましたがすんなり受け入れていただき、アーリーチェックインなどの料金が発生することもありませんでした。

サイトの大きさ普通
騒音なし
風の影響森の中なので受けにくい
地面の状態芝(こけ)と土、Bサイトは傾斜がある
景色(眺め)良い(落葉樹が多く紅葉の季節はきれい)
チェックイン融通が効く
トイレきれい(若干遠い・夜は少し怖い)
炊事場1箇所(水のみ)
焚き火可(直火禁止)

ワンポールテントの初張り

風に強いワンポールテントを探しました。ワンポールテントで人気があるのはテントマークデザインのサーカスTCというテントらしいのですが、さすがに人気なだけあってオフィシャルサイトでは在庫なし。フリマサイトで割高で売っているだけでした。

そして今回もアマゾンのtomount(トモウント)というブランドが同じようなものを出していたのでそれを購入しました。
tomountのTCDXはサーカスTCDXとサイズは同じですが、サーカスにはない窓が付いている点と若干色がベージュよりで黄身がかかっていないのでどちらかというと僕にとってはこちらのが好みです。

ぴったりな切り株発見

今回は商品撮影も兼ねていたのでどこで撮ろうか考えていた時に撮影にぴったりな切り株を発見。
なかなかこの手の切り株があるところは少ないからめっちゃテンションが上がりました。

撮影タイム

適度な感覚に木が生え、落ち葉と苔がとてもいい雰囲気を醸し出していていい写真がたくさん撮れました。

まとめ

Bサイトは傾斜があり、寝ているとだんだん下にずり落ちていく。
傾斜があるサイトは頭を上にして寝ないと違和感がありすきでなかなか熟睡できなかった。

Leave a Replay