Nordisk Midgardでキャンプのはずが・・・。(リバティーリゾート大東)

先日購入したミッドガルドを設営したくて急遽キャンプに行くことに。
なっぷでキャンプ場を探してみたもののやはり週末はどこも取りにくい。

そんな中わりといつも空いているリバティーリゾート大東が、普段は車乗り入れ禁止なので3月限定で車の乗り入れを許可していた。
どうやらいつも風が吹いていて設営しずらいキャンプ場なので車を風除けに使ってください。という作戦に出たらしい。
それならばと思い、二度目の大東でキャンプすることに。

ミッドガルド初張り

キャンプ場に到着。相変わらずまあまあな風が吹いている。
ということで修復したミッドガルドを設営することに。
Youtubeでなんとなく設営の仕方を予習してきたので設営まではスムーズにいった。

が、強風でテントが歪む。

ちょうど面積が広い方を風上側に設営してしまったものだから風をもろに食らってしまう。
てっぺんの補修した部分が破れそうになっていて、なんとか持ち堪えていたけど夜中に破れてボロボロになるのはごめんだ。と思いそそくさと撤収しました。泣く

壊れたテントなのもそうだけど、ミッドガルド自体が風に弱い感じがした。

慌てて撤収したので写真なし。

予備で持ってきたサーカス風TOMOUNTにチェンジ

前の白崎海洋公園で風に強いことがわかったこのテント。
とても安心感がある。テントにとって安心感はとても大事だ。

ただ、このテントは5角形をしていて5面のうち2面を開くことができる。
ただし、開くことができるといっても片方にしかジッパーはなく右開きの構造になっているので風の向きを考えないと開いた時にもろに風を食らう。

ワンポールは一度設営すると移動するにはまたバラさなければいけない。

海に合うテント

僕はただキャンプをするのが目的ではなく、自然とテントの写真を撮ることを目的にしている。
前回の白崎海岸もそうだったけど、海岸にはTOMOUNTのサーカステントが合うなと思った。

Leave a Replay